振袖を卒業式に着てみたい人注目!卒業式シーズンの振袖のレンタル料の相場とは?

卒業式のような晴れの日に、振袖を着たい人は多いと思います。そのような人が真っ先に思うのが「振袖をレンタルするためには、いくらくらいかかるのか?」ではないでしょうか。あまり高すぎる場合は、振袖をあきらめて、他の服装を考えたいと思っているかもしれません。そこで、振袖のレンタル料の相場を紹介します。

レンタル料の相場は5万円から10万円

振袖のレンタル料の相場は、レンタルする着物の質、またレンタルする時期によって変動します。卒業式と成人式は、振袖のレンタルをしたい人が最も多い時期になるため、レンタル料の相場も高くなります。卒業式の振袖のレンタル料の相場は、基本的に5万円から10万円程度になります。

その程度の金額を用意できれば、卒業式に振袖をレンタルすることが可能です。相場を外れた安いレンタル料で振袖を貸し出している業者もありますが、基本的にレンタル料金と、着物の質は比例すると考えたほうがいいかもしれません。安すぎる場合は、すぐに契約をせず、実物を見て判断するようにしましょう。

新品レンタルと中古レンタルがある


卒業式のための振袖をレンタルする時、お店によっては「新品レンタル」と「中古レンタル」があります。新品レンタルは、レンタルする人が初めてのお客さんになるため、そのお客さんの意向で仕立てた振袖を着ることができます。個性的な振袖をレンタルしたいと思う人は、新品レンタルのほうが理想に近い振袖になるかもしれません。新品レンタルのデメリットとして、値段が高いことが挙げられます。

先ほどのレンタル料の相場よりも、高めの金額になる可能性があります。中古レンタルは、すでにできあがった振袖を着ることになりますが、品ぞろえが豊富なお店なら、自分が気に入る振袖を見つけやすいかもしれません。着てみたい振袖のイメージが特にない人は、中古レンタルの中から、好きなものを選ぶといいかもしれません。

セット料金が含まれているかどうかを確かめよう


「レンタル振袖」のお店に行ったとしても、提供しているプランはお店によってまるで違います。単に振袖と帯を貸し出すためというプランもあります。着付けができる知り合いがいたり、安くヘアメイクをしてくれる知り合いがいる場合は、こちらのプランのほうが総合的に費用を安く抑えられるかもしれません。しかし当日の着付けや、ヘアメイク、写真の前撮りなどがセットになっているプランを選んだほうが、トータル費用を安く抑えられる可能性が高いでしょう。

シンプルな振袖と帯の貸し出しのみのプランが、5万円の場合と、卒業式当日の着付け、ヘアメイク、前撮り、小物の貸付などがすべてセットになっているプランが、10万円の場合、後者のほうが総合的に見て安くなることもあります。最終的にいくらになるかを想定しながら、卒業式用の振袖をレンタルするようにしましょう。

セット内容の費用の相場を見ていこう


卒業式で振袖を着るためには、先述したように振袖と帯をレンタルすれば終わりではなく、様々な費用が追加で必要になります。トータルセットになったプランの場合、振袖のレンタルだけでなく、様々なサービス料金が含まれています。そこで、セットの中に入っている個別のサービスの費用の相場を知っておきましょう。まず「当日の着付け」の料金の相場は、5千円から1万円程度が一般的になっています。自分で着付けけができるという人は例外ですが、ほとんどの人が美容院などの業者に着付けを依頼することになると思います。この時に、1万円前後必要になります。


次に「当日のヘアメイク」の料金相場についてです。振袖を着て卒業式に出る人は、ほとんどの場合、美容院でヘアメイクとメイクをしてもらっています。特にヘアメイクは自分や友達同士でするのが難しいため、プロに任せるべきでしょう。着物に合った素敵なヘアメイクを施してくれるはずです。当日のヘアメイクとメイクがセットになった料金は、1万円前後が相場になっています。


「前撮り」と当日合わせた金額の相場は10万円前後になっています。着物を着て記念写真を撮影するためには、着付けやヘアメイク代がかかるため、費用が高額になります。

袴について


卒業式に振袖を着たいと考えている人は、袴についても選択肢に入れているかもしれません。卒業式は袴のイメージが強く、振袖でも大丈夫かと心配する人もいるでしょう。ハレの日に振袖を着るのは素晴らしいことで、袴でなく振袖でも全く問題ありません。卒業式に振袖を着てみたいと思う人は、周囲の目を気にせず、袴ではなく振袖を選ぶことができます。

購入する場合


卒業式に振袖をレンタルする費用の相場は、5万円から10万円程度です。ちなみに、振袖を購入した場合は、+10から20万円の費用が掛かると言われています。今後、振袖を着る機会がある人は、レンタルでなく購入したほうが得かもしれません。例えば高校の卒業式に振袖を着て、成人式でも同じ振袖を着るなら、購入するという選択肢もあります。しかし、以後は着そうにないと思う人は、レンタルのほうが安く済むでしょう。

卒業式の振袖のレンタル料の相場について見てきました。当日の着付けやヘアメイクが含まれているかどうかを確かめて、最も得なプランを選ぶといいかもしれません。